本間朋晃復帰

 

新日本プロレス・本間朋晃選手、477日ぶりに山形大会で感動の復帰戦!~本間選手のトレーニングを振り返って~

 

SAWAKI GYMトレーナーの澤木です。本間朋晃選手が感動の復帰をされましたね。試合後に奥様である千恵夫人に感謝を述べるシーンも本間選手らしいというか、素敵な場面でした。

 

本間朋晃 本間朋晃
▲本間選手が表紙と巻頭カラーを飾った週刊プロレス7月11月号(No.1964)

 

この記事では、トレーニングサポートをさせていただいた記念に本間選手のトレーニングの軌跡を綴ってみようと思います。

 

 

【なぜ、SAWAKI GYMなのか?】

週刊プロレス湯沢編集長から連絡があったのは2017年8月。本間選手が『0からカラダを作り直したい』ということで、SAWAKI GYMを改めて紹介してほしいというご依頼でした。もう2つ返事でOKしました。

 

本間朋晃 本間朋晃

 

遡ること4年前、本間選手は、週刊プロレス増刊号の企画で一度 SAWAKI GYMを訪れ、体力チェックを受けたことがありました。この時のことを覚えていてくれたのです。

 

BUSHI SAWAKIGYM ASUKA SAWAKIGYM

 

また、SAWAKI GYMには数々のプロレスラーが訪れ、パフォーマンスアップやリコンディショング(試合復帰)トレーニングをしているのもご存知だったのでしょう。

 

 

【まずは現状を確認することから】

2018年8月末。本間選手のトレーニングプロジェクトでは、まずその時点の現状を確認するために、精細な身体評価をさせていただきました。パーソナルトレーニングではどんな人でも最初は身体評価から始まります。

その模様は週刊プロレスに掲載されましたが、しばらく寝たきりで動けなかった本間選手でしたから、体力レベルや見た目の筋肉はかなり落ちていました。そんな状況でも本間選手は絶対に復帰する、という熱い想いをもっていらっしゃいました。

私たちトレーナーは、その想いと、ファンのみなさまの期待に応えようと復帰までのトレーニング計画を立てました。新日本プロレスの三澤トレーナーと菅野トレーナーからもアドバイスをいただき、トレーニング開始の態勢が整いました。

 

本間朋晃sawakigym 本間朋晃体幹トレーニング
▲当時の週刊プロレス。

 

 

【トレーニング計画】

今まで本間選手のキレキレのボディを作っていたのは、ベンチプレスやアームカールなどの”普通のトレーニング”でした。まずここにメス。実は普通のトレーニングだけでは、怪我が発生しやすくなります。

SAWAKI GYMでのトレーニングで重要視したのは、『ファンクショナルトレーニング』。ファンクショナルトレーニングとは、「正しい姿勢で正しく動く包括的なトレーニング」で、サッカー選手をはじめあらゆるアスリートが取り組んでいるものです。*体幹トレーニングもファンクショナルトレーニングの一部と考えられます。

具体的には、正しい呼吸法、柔軟性、片脚で立つ能力、体幹の強さ、高速反応を高めるようなものを主体としました。

 

本間朋晃SAWAKIGYM 本間朋晃

 本間朋晃SAWAKIGYM
▲まずは柔軟性の改善から。

 

 

【ファンクショナルトレーニング】

本間選手は、2017年9月から復帰された2018年6月まで、週二回SAWAKI GYMでファンクショナルトレーニングを中心としたトレーニングを、その他の日もほぼ毎日道場でウェイトトレーニングをして来られました。まさに半端ない、努力をされてきました。

 

本間朋晃 本間朋晃

本間朋晃 本間朋晃SAWAKIGYM

本間朋晃 本間朋晃

本間朋晃SAWAKIGYM 本間朋晃

 

 

【BFR(血流制限)トレーニング】

復帰へのトレーニング後半は、BFRトレーニングの割合も増やしました。BFRとは「血流制限」のことで、効率良く筋肉を発達させる効果があります。試合に向けてのボディメイク効果を期待する意味もあり導入しました。

 

BFRトレーニング BFRトレーニング

BFRトレーニング 本間朋晃SAWAKIGYM

 

 

【担当トレーナー】

今回の本間選手のトレーナーは、SAWAKI GYMの澤木一貴桑原幸平八須拳太郎が担当させていただきました。トレーナー一同、本間選手の復帰の一助となれたことを心から誇りに思っています。*名前をクリックするとプロフィールに飛びます。

澤木一貴 桑原幸平 八須拳太郎

 

 

【そして復帰戦】

2018年6月23日、ご出身の山形の地にて、本間選手は477日ぶりにリングに復帰されました。対戦相手は、勢いのある内藤哲也選手率いる「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」。

本間・棚橋・○真壁・ヘナーレ・田口
(18分30分 片エビ固め)
内藤・EVIL・SANADA・×BUSHI・ヒロム

本間選手は相手チームにつかまる展開となりましたが、最後は得意技「小こけし」から真壁選手が「キングコングニードロップ」でBUSHI選手から3カウントで勝利しました。

新日本プロレス 本間朋晃SAWAKIGYM

本間朋晃 新日本プロレス
▲桑原トレーナーが会場で撮影。

試合後には、奥様である千恵夫人に感謝を述べるシーンが。私たちは千恵夫人の本間選手へのサポートを知っていましたから、グッとくるものがありましたね。末永いお幸せをお祈りしたく思います。

 

 

【最後に】

復帰された本間選手の戦いはこれからです。また最前線に立ち、タッグチャンピオンを目指すには、トレーニングを継続し、より良いコンディションを保ち続けなければいけないからです。これからもSAWAKI GYMは本間選手を応援していきたいと思います。

お読みいただきましてありがとうございました。